FC2ブログ

かすみがうらマラソン 2014 フルマラソン ①

第24回 かすみがうらマラソン

フルマラソンの部、今年も走ってきました。
(3度目です)

去年は最高気温5度、4月とは思えない寒さに

土砂降りのオマケ付きという厳しい天候でしたが

今年は最高気温13度、曇りという

走るには恵まれた天候。


今回は過去2回のフル出場時と比較して

本番前の数ヶ月間に走った総走行距離が少なめだったのが気掛かりでしたが

天候が味方して、うまくいくかも!と

淡い期待が膨らみます。
(他力本願の思考)



少し早めにスタート地点に整列。

10時になり、スタートの号砲。同時に時計を作動させます。

周りの流れに乗って、スタートラインまで移動。約1分後にスタートライン通過。

1キロ地点まではゆっくりペースでしたが、徐々に走りやすくなってきます。

自分に設定したペースは1キロ4分50秒台。

そのペースでいけるとこまで行こうと決めてました。


5キロ地点、最初の給水所。

そしてタイムは26分26秒。

スタートロスと、スタート後の混雑を考慮すればこんなものでしょう。


7キロ辺りの常磐線の陸橋を越え

日立建機の前の大応援に力をもらい

10キロ地点51分18秒。


14キロ付近にまだ残っていた桜の花に癒されながら、

15キロ地点1時間15分55秒。


15キロ地点を越えた辺りから緩やかな登りがありますが、問題なく通過。


暑くもなく寒くもなく、ペースも今のところ問題無し。


19キロ過ぎ辺り、軽い目眩のようなものを感じたので意図的に少しペースダウンして様子を見る。

1キロ位走ると回復したのでペースを戻す。


20キロ地点通過。

そしてハーフ地点通過、1時間46分21秒。


ハーフを過ぎたところにある仮設トイレが空いていたので、

それほど行きたい訳では無かったのですが

先程の軽い目眩のこともあり、小休止を兼ねて立ち寄りました。

しかし、仮設トイレに慣れてないせいか

出るときにドアの構造がよく分からず


"あ、あれ? 出れない、出れない!!"と


個室内で軽くテンパりました。


コースに戻り、長い下り坂の後にある折り返し地点を過ぎると

後半の細くフラットなコースに。




長くなったので、続きは明日書きます。




磯崎 徹

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

タグ : かすみがうらマラソン,

かすみがうらマラソン 【応援編】

ココバニファンの方、こんばんは。 はじめましての方、いらっしゃいませ。

今日は、かすみがうらマラソン大会でした。

応援のウチワに書いたメッセージは、二つ
努力はうらぎらない 熱いですね~!!
2014_0420ココバニブログ0002

あまり気負わずとりあず完走 こちらは、ほぼ使いませんでした。
ランナーの皆さん、完走は当然!!って目をしていました。
2014_0420ココバニブログ0003

会場を盛り上げているのは、この方!!
アントキの猪木さんとモノマネの方々♪
2014_0420ココバニブログ0007
応援団も熱いです!!
声をかけたら、気持ち良く写真を撮らせてくださって
ありがとうございました。
2014_0420ココバニブログ0011

そして
ココバニ応援団団長
2014_0420ココバニブログ0008
わたくしチロルでございます
2014_0420ココバニブログ0009
後半は、こちらに↓↓
2014_0419ココバニブログ0017
たくさんのランナーの方が、声を出して読んでくれました。
嬉しかったです。

ゴール付近
2014_0420ココバニブログ0012

参加したランナーの皆さん
お疲れ様でした。
マラソン大会の応援では
たくさんの勇気をもらえます。
ありがとうございました。



     由奈 千色伶

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

タグ : かすみがうらマラソン,

かすみがうらマラソン 2013 フルマラソン ②

第23回 かすみがうらマラソン

昨日の続きです。


左足のふくらはぎが攣ってしまい、立ち止まることに。

ストレッチをしてよく伸ばし、再度スタート。

無意識に左足をかばいながら走ってると、今度は右足が攣りはじめます。

再度立ち止まり、攣った箇所を伸ばす。そして走る。

少し行くと、また脚が攣る。

寒さのせいもあるのか、一度止まってしまってから

脚の筋肉が固まってしまったかのように

あちこち攣り出します。

右が攣ったかと思えば、左が攣る。

ふくらはぎが攣ったかと思えば、太腿が攣る。

”あと12キロ・・・

この状況、どうしたもんだろ・・・”


そんな脚攣りコンボに苦しんでる時、沿道にエアーサロンパスを

貸してくれるエイドを発見。

迷わずお借りして、両足にかけまくります。

エイドの方にお礼を言い、数歩歩いて走り出してみます。


”いけるか??”


しかし、200メートルほどで脚が攣ります。

”うわ、ダメか・・・”


こうしてる間に、時間はどんどん過ぎていき

また、他のランナーさん達にどんどん抜かれていきます。

脚が攣った直後の1キロのタイムは8分以上かかっていました。


”立ち止まったりしたからなぁ”


この時点で3時間30分以内にゴールする、というのは

消えました。

そしてペースが落ちた分、少し寒さも感じるように。



走る⇒攣る⇒歩く⇒走る~ を繰り返し、32キロ地点。

前方にエイドが見えてきます。


”歩いてる分には問題ないけれど、走ると攣るんだよな・・・

じゃあ、ペースをかなり落として走ってみたらどうだろうか?”


時計を見ると2時間50分台。

残り10キロ、1キロ6分以内で最後まで走りきれれば

去年の記録は超えられる。


エイドまで進み、歩きながらスポーツドリンクを飲み干し

ゆっくり走り出します。

今の脚に無理のないペースで、というのを意識して。

1キロ走ってラップを見ると、5分30秒でした。

”このペースなら最後まで持ちそうだ”

さっき、お借りしたエアーサロンパスも

時間差で効いてきたのかも。


走り出すと、抜かれることもなくなり、精神的にも楽になります。

37~8キロ辺りで歩いてしまっている男性のランナーを抜くとき

「チクショウ、チクショウ・・・」と言っているのが聞こえました。

”その気持ち、よく分かります・・・

さっきまで僕もそうでした”



40キロ地点を超え、どんどん沿道の応援の数が

増えてきます。

ペースは1キロ5分30秒位を保っています。

”このまま行けそうだ”

41キロ、42キロを過ぎそのままゴール。


2013_0422ココバニブログ0036

グロスタイム3時間50分44秒

ネットタイム3時間41分09秒


去年の記録からグロスで7分5秒、ネットで9分38秒の

更新ができました。


今回は反省点もたくさんあるのですが

終わってみると、やっぱり走ってよかった。と思います。


そして、あの悪天候の中でずぶ濡れになりながら

一生懸命ランナーをサポートしてくださっていたボランティアの方々や

暖かい声援を送り続けてくれていた地域の方々には

頭が下がります。

悪天候で、体は冷え切りましたが

心はとても温まりました。

本当にありがとうございます。


また来年も懲りずに参加したいと思います。






        磯崎 徹

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

タグ : かすみがうらマラソン,

かすみがうらマラソン 2013 フルマラソン ①

第23回 かすみがうらマラソン

フルマラソン、今年も走ってきました。

去年のかすみがうらマラソン以来、2度目のフルです。


少し暑く感じた去年とはうって変わって

今年は前日から降り続く雨と、

4月とは思えない気温の低さでした(5度)。


今年の目標タイムは、第一に前回の記録を超えること。

そして、できたら3時間30分以内にゴールできたら、と思っていました。


去年はEブロックからのスタートでしたが今年はBブロック。

グロスタイム(スタートの号砲~ゴールまで)と

ネットタイム(スタートライン~ゴールまで)の差は去年は約7分。

今年は約2分位だろう。という読みです。

フルマラソン、スタートは10時。9時20分位に会場に到着。

着替えてすぐに、荷物を預けに向かうも、荷物預けに行くまでの道が大混雑。

通路が狭くて水溜りも多く、皆カサをさしている為なかなか進みません。

これひょっとするとヤバいかも・・・との予想通り

ようやく荷物を預かってもらう所で、10時のスタートの号砲が

鳴ってしまいました。


”え?  あれ??  この状況、

間抜けすぎる!


雨の為、荷物預けに時間がかかるかも。という想定をしていなかった僕は

スタート時にコースにいることができませんでした。

(後で知ったのですが、コインロッカーも多く設置されていたようです。この時の僕にその考えは頭に浮かばず。
次回以降、参考にします。)


荷物を預け、急いでコースへ。スタート地点へ向かう人の流れに入ります。

スタートラインを通過したのは、号砲から9分35秒後。


”だいぶ後ろからになってしまったな・・・”


自分の読みの甘さを反省しつつ、今回はグロスタイムは考えず、

ネットタイムで3時間30分切りを狙おう!と、頭を切り替えます。


42.195キロを3時間30分以内で走るには

平均すると1キロを4分58秒以内で走ることになります。

スタートラインを通過して走り出すも、周りとのペースが

うまくかみ合いません。

人数も多く、ダンゴ状態。

スタート直後から、隙間をジグザグに走りながらペースを上げていきます。
(脚を余計に使うため、ホントはやってはいけません。)

最初の1キロは5分40秒位、その後は1キロ5分位まで上げていきます。


5キロ地点で給水、その後も前を走るランナーさんの間をすり抜けて行きます。

皆、水溜りを避けて走っているのですが、抜きながら進んでいると

どうしても水溜りに突っ込んでしまいます。

5キロ過ぎの時点で、シューズはビショ濡れになっていました。


10キロ地点59分42秒。

その後、15キロ地点1時間23分57秒。

ペースは悪くないものの、不安が頭をよぎります。


”スタートからここまで抜いては詰まり、抜いては詰まりの繰り返し。

加速と減速の繰り返し。抜くために左右にも動きまくってるし。。。

こんな走り方で最後まで脚が持つのか・・・”


びしょ濡れのシューズもいつもより重くなっています。

”ペースを落として安全に行ったほうがいいのかも”

そう思うも、タイムを狙いたいという欲はなかなか捨てきれません。


20キロ地点通過。

雨は止むことなく、むしろ強くなってきています。


ハーフ地点、1時間53分40秒。スタートのロスを引くと1時間44分5秒。

息は全く上がっておらず、このままのペースで行けるとこまで行くことを決意。


長い坂を下り、折り返し地点を過ぎて

ここからは細い道になります。


25キロ地点2時間12分29秒。

この辺りにくると、周りのランナー達もバラけてきていて

走りやすくなってきます。


しかし、30キロ手前でついに左足のふくらはぎが攣ってしまいました。

なんとかしようとしても、どうにもならず立ち止まらずを得ませんでした。


”うわ、前半の無茶な追い越しのツケがきちゃったか・・・

やっぱ、そんな甘くないよね・・・”



大分長くなったので、明日に続きます。





         磯崎 徹

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

タグ : かすみがうらマラソン,,

かすみがうらマラソン 2012 フルマラソン ②

かすみがうらマラソンから3日目。

大分足の筋肉痛もとれて、今日は軽く5キロ走れました。

昨日の続きです。



ハーフ通過時のタイム2時間3分17秒。2倍にすると4時間越え。

約7分のスタートまでのロスを引いてもギリギリ4時間。

練習では30キロまでの距離しか走っていなかったので

その先タイムが落ちるかも・・・

グロス4時間以内は諦めてネット4時間以内狙いに下方修正しようか。

などと、思考はどんどんマイナスになります。


ハーフ地点を越えた先に下り坂があり、そこを下ると

その先に折り返し地点。

左側を走っていると、右側には折り返してきたランナー達が。

その中に、4時間ペースメーカーの集団を発見!
(4時間ペースメーカーさんは機関車トーマスの風船を持って走ってます)

自分との差は数百メートル。


”あの集団を抜かしてそのまま逃げ切ればグロス4時間切り”

そう考えた途端、それまでのマイナス思考が消えてやる気が出てきます。

時計を見ながら時間の計算をするよりも、分かりやすい目安です。


折り返し地点を過ぎ、道は狭くなります。

4時間ペースメーカー集団との差を徐々に詰めていき

抜き去って、そして距離を開きます。

”あとは抜かれさえしなければ”


19キロ地点で感じた右足の攣りそうな感じもすっかり影をひそめ

途中シューズの紐が解けたりもしましたが、問題なく30キロ地点2時間51分。

ここから先は未体験の距離です。


30キロ手前辺りから道路の端で歩いているランナー、

立ち止まってストレッチするランナーが増えてきます。

また、この辺りから沿道では地元の方々が私設のエイドを準備して、ランナー達を

もてなしてくれています。

時間に余裕が無かったので立ち寄ることはできませんでしたが

見ていて温かい気持ちになれました。


35キロ地点3時間18分58秒

残り7キロ。

幸いまだ体は動きそうですが、残りの距離を考えると

少し気が重くなりだしました。

ここからは距離表示を見ずに、全く違うことを考える作戦をとります。


理想は

あれぇ!?我に返ったらもう42キロ地点まで来てるよ!!

という展開です。


作戦は立てましたが、なかなか空想の世界に入っていけません。

しばらくの間、現実逃避の為に試行錯誤していると

沿道のちびっ子たちが、僕の後方を見て

「あ~!!トーマスだ~!!」と。


ギョッとして振り返ると、25キロ手前で抜き去った4時間ペースメーカー集団が。

すっかり現実に戻り、最後まで抜かれないことを目標にします。


40キロ付近で後方の4時間ペースメーカーさんが

「この先のエイドが最後の給水所です!」と周りに教えてくれます。

それを聞き、僕も最後の給水をとります。


給水後、走り出すとほぼペースメーカー集団と並走する形に。

集団の近くは走りにくい気がするので、少し前に出ようかなと考えましたが

19キロ地点で足の攣りそうな兆候があったことを思い出して

このまま並んで最後までいこうと決めました。


ペースメーカーさんと並走したのは最後の2キロだけでしたが

様々な言葉で周りのランナー達を励ましてくれます。

疲れた心身にはとても励みになりました。


最後は競技場に入り、トラックを少し走ってゴール。

ゴール後はボランティアの方々に計測チップを取ってもらい

ドリンクをもらって参加賞を受け取ります。

その後、すぐに記録証を発行してもらえました。

2012_0418ココバニブログ0005

2012_0418ココバニブログ0004

グロスタイム 3時間57分49秒

ネットタイム 3時間50分47秒

目標はクリアできて、嬉しいというよりホッとしました。



初めてのマラソン大会でしたが

ボランティアの方々のサポートや沿道からの様々な応援、

数多くのランナーさん達と同じゴールを目指して走る事が

42キロのランニングをとても楽しいものにしてくれたと思います。
(普段は仕事終わってから黙々と走ってるので、楽しいとはちょっと違います)

また、コース全体で目にした茨城弁によるかすみがうらマラソン川柳も

走りながら楽しめました。


走り終えて3日目。

またフルマラソンを走りたいという気持ちになっているのも

多くの方々のサポートのおかげだと思っています。


来年もまた参加したいと思います。




      
        磯崎 徹
  

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

タグ : かすみがうらマラソン,