FC2ブログ

かすみがうらマラソン 2013 フルマラソン ①

第23回 かすみがうらマラソン

フルマラソン、今年も走ってきました。

去年のかすみがうらマラソン以来、2度目のフルです。


少し暑く感じた去年とはうって変わって

今年は前日から降り続く雨と、

4月とは思えない気温の低さでした(5度)。


今年の目標タイムは、第一に前回の記録を超えること。

そして、できたら3時間30分以内にゴールできたら、と思っていました。


去年はEブロックからのスタートでしたが今年はBブロック。

グロスタイム(スタートの号砲~ゴールまで)と

ネットタイム(スタートライン~ゴールまで)の差は去年は約7分。

今年は約2分位だろう。という読みです。

フルマラソン、スタートは10時。9時20分位に会場に到着。

着替えてすぐに、荷物を預けに向かうも、荷物預けに行くまでの道が大混雑。

通路が狭くて水溜りも多く、皆カサをさしている為なかなか進みません。

これひょっとするとヤバいかも・・・との予想通り

ようやく荷物を預かってもらう所で、10時のスタートの号砲が

鳴ってしまいました。


”え?  あれ??  この状況、

間抜けすぎる!


雨の為、荷物預けに時間がかかるかも。という想定をしていなかった僕は

スタート時にコースにいることができませんでした。

(後で知ったのですが、コインロッカーも多く設置されていたようです。この時の僕にその考えは頭に浮かばず。
次回以降、参考にします。)


荷物を預け、急いでコースへ。スタート地点へ向かう人の流れに入ります。

スタートラインを通過したのは、号砲から9分35秒後。


”だいぶ後ろからになってしまったな・・・”


自分の読みの甘さを反省しつつ、今回はグロスタイムは考えず、

ネットタイムで3時間30分切りを狙おう!と、頭を切り替えます。


42.195キロを3時間30分以内で走るには

平均すると1キロを4分58秒以内で走ることになります。

スタートラインを通過して走り出すも、周りとのペースが

うまくかみ合いません。

人数も多く、ダンゴ状態。

スタート直後から、隙間をジグザグに走りながらペースを上げていきます。
(脚を余計に使うため、ホントはやってはいけません。)

最初の1キロは5分40秒位、その後は1キロ5分位まで上げていきます。


5キロ地点で給水、その後も前を走るランナーさんの間をすり抜けて行きます。

皆、水溜りを避けて走っているのですが、抜きながら進んでいると

どうしても水溜りに突っ込んでしまいます。

5キロ過ぎの時点で、シューズはビショ濡れになっていました。


10キロ地点59分42秒。

その後、15キロ地点1時間23分57秒。

ペースは悪くないものの、不安が頭をよぎります。


”スタートからここまで抜いては詰まり、抜いては詰まりの繰り返し。

加速と減速の繰り返し。抜くために左右にも動きまくってるし。。。

こんな走り方で最後まで脚が持つのか・・・”


びしょ濡れのシューズもいつもより重くなっています。

”ペースを落として安全に行ったほうがいいのかも”

そう思うも、タイムを狙いたいという欲はなかなか捨てきれません。


20キロ地点通過。

雨は止むことなく、むしろ強くなってきています。


ハーフ地点、1時間53分40秒。スタートのロスを引くと1時間44分5秒。

息は全く上がっておらず、このままのペースで行けるとこまで行くことを決意。


長い坂を下り、折り返し地点を過ぎて

ここからは細い道になります。


25キロ地点2時間12分29秒。

この辺りにくると、周りのランナー達もバラけてきていて

走りやすくなってきます。


しかし、30キロ手前でついに左足のふくらはぎが攣ってしまいました。

なんとかしようとしても、どうにもならず立ち止まらずを得ませんでした。


”うわ、前半の無茶な追い越しのツケがきちゃったか・・・

やっぱ、そんな甘くないよね・・・”



大分長くなったので、明日に続きます。





         磯崎 徹

スポンサーサイト



テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

タグ : かすみがうらマラソン,,

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)